みなさんこんにちは!tomyONです。
社員インタビュー企画も4回目を迎えました。
今回は中途入社組のKWさんにご協力いただきましたよ!

※顔出しNGのため、KWさんはイラストにてお送りします。

シエルプレザンが気になっている求職者の皆さん必見の内容となっております。
それではスタート♪

tomy&ON:今日はよろしくお願いします!

KW:よろしくお願いします!ちょっと緊張しています・・・。

tomy:え!緊張しなくて大丈夫ですよ!(笑)

tomy:では、まず初めに入社してどのくらい経ったか、現在どんな業務を行っているか教えてください。

KW:はい。去年の7月に入社したので、あと2か月で1年です。今は10か月経過したところですね。現在の現場では、とある企業様の基盤リプレースのプロジェクトに参画しており、ミドルウェアの構築を担当しています。業務の流れとしては、導入するミドルウェアの新バージョンと現行のバージョンの機能差異が無いか前もってマニュアルを読み込み、不安要素や懸念材料が無いことを確認します。テスト機を構築し、検証していく中である程度問題無いことを確認できたら、いよいよ本番機を構築します。その間にエラーなどの課題が多く出てきますが、それを乗り越えていくと達成感がありますね。

tomy:もう入社して10か月になるんですね!最近お会いできていないので入社したのは半年ぐらい前の感覚でいました。

KW:自分でも思います。でもまだまだ新入社員なのでお二人は大先輩に見えてます!

tomy:そんなことないです!私たちは一昨年の夏入社なので、1年離れているだけですよ~

KW:そうなんですね。結構シエルプレザンには同年代の方が集まっている気がします。

tomy:確かに同年代も多いですよね。でも、最近若い方の入社も多いので、平均年齢が若くなっているみたいです。

KW:あ、自分もこれから平均年齢を上げていく立場になりそうです(笑)

tomy:ちなみに、今参画しているプロジェクトの前、入社直後は社長とお仕事されていましたよね?そのお話もお伺いしてよいですか?

KW:はい。トレンドマイクロ製品のアップデート案件でした。実機環境を構築したり、手順書を作成したりしましたが、私にとっては初めての構築案件でした。運用しか経験が無かったため緊張しましたね。マニュアルを読み込んだりして心を落ち着かせてました(笑)

tomy:初めての構築だったんですね。ちなみに、社長と一緒に仕事をする経験をしてみてどうでしたか?

KW:当時は知見がないことも多かったため、刺激をいただきました。結果として、今の現場につながる案件となったのでよい経験になったと思います。社長からもいい案件に参画出来て運がいいね!と言われました。あ、運がいいんだなと思いました(笑)

NO:構築はチャレンジしてみたかったんですか?

KW:そうですね!運用は待つ業務が多いんですが、構築は自分でつくっていくので、よりエンジニアっぽいという漠然としたイメージがあったので。是非チャレンジしたい!という気持ちでした。すごくよい機会をいただけたと思います。

tomy:入社してすぐに希望のステップに進めたんですね。ところで入社前にシエルプレザンを知ったきっかけは何だったんでしょうか?

KW:転職活動中に利用していた転職支援アプリ(エン転職)にてスカウトメールをいただき、HPを見たことがきっかけです。

tomy:もしよかったら・・・転職を考えた理由と、シエルプレザンに応募を決めた理由を教えてください。

KW:以前はIT系の会社にいたんですが、肉体労働もやってみたいなと思い一度転職をしました。ですが、入社後のギャップが大きく・・・。その経験を通して、ITへの気持ちが再熱し、再度IT業界を目指して転職活動をしていました。その活動中にシエルプレザンからスカウトメールをいただきました。

NO:スカウトメールをみて、HPもみてくださったんでしょうか。

KW:そうですね。デザインが凝ったおしゃれなHPで、雰囲気が気に入りました。入社後、源泉徴収票などをいただく際に管理部が使用している封筒が凝っていて驚きました。他の会社は茶封筒なのにシエルプレザンはさわやかな色味の封筒で感動しましたね(笑)

tomy:確かに封筒もおしゃれですよね!HPきっかけで応募してくださったのを聞いたら社長も喜ぶと思います。HPにこだわっていらっしゃるので。

KW:そのあと調べたらデザイン関係の業務も行っているとわかって、納得しましたね。だからオシャレなんだ!と思って。

tomy:ありがとうございます(笑)ちなみに、先ほど肉体労働をやってみたとおっしゃってましたが、どんなことをしていたんですか?

KW:3か月だけなんですが電気工事士をしていました。業務は某製鉄所の電圧計の品質管理をしていました。電力を毎日チェックしたり、品質が保たれるように掃除したりしていました。その前にいたIT企業では、入社後はLinuxを勉強し、その後はWSUSサーバの運用保守を2年2か月おこないました。

NO:IT業界はその会社が初めてですか?

KW:そうですね。それまでは飲食業でアルバイトをしたり、ボランティア活動をしたり、いろいろやってましたね。

NO:あ、うちの会社って飲食業の経験の方も多いですよね。

tomy:確かにそうですね・・・ちなみに最初にIT業界へ挑戦しようと思ったきっかけは何だったんでしょうか?

KW:デスクワークに憧れがあったのと、商業高校出身で、授業でパソコンを使う機会が多かったのでパソコンを使用した仕事がしたいなと思ったんです。

tomy:なるほど。以前在籍されていた会社でもサーバの運用保守をされていますが、IT業界の中でインフラを選んだ理由はありますか?

KW:IT業界への知識が追い付いていない段階で、面接で「何がやりたい?」と聞かれても上手く答えられなくて・・・。逆に「何が向いてますか?」と質問したんです。「インフラに向いていると思うよ」と答えをもらって、それがきっかけですね。後で調べたら、インフラエンジニアは未経験でもやる気があれば挑戦できると知りました。

tomy:そうですね。シエルプレザンも若チャレから未経験で入社してくる方も多いですしね。未経験から挑戦しやすいのもIT業界の魅力ですが、ほかにIT業界にどんな魅力を感じますか?

KW:手に職をつけることができる点が魅力だと思います。体を動かす職業だと、将来の体力を考えたときに、今と比較して同じように動けるかと考えると難しいと思いますが、IT業界であれば、経験を活かして活躍していけるかなと思いました。また、パソコンに詳しくなれるので、スペックとかCPUとかメモリとか、IT視点で見るようになって、面白く感じています。

tomy:なるほど。そんな中、シエルプレザンの魅力ってどんなところだと思いますか?

KW:いい意味で会社っぽくないオフィスですかね(笑)フランクな雰囲気も良いなって思ってます。面接に来た時から感じていますね。社員の方も物腰が柔らかいですし。同年代が多いからか、近い価値観の方が多いとも感じます。

tomy:逆にここは前の業界や会社のほうが良かったな・・・と感じる部分はありますか?

KW:うーん。あんまり浮かばないんですが、しいて言えば勤務表(※)が細かい点ですかね・・・。(※毎月月末に会社に提出している、日々の勤怠を入力したエクセルです。)

tomy:あー。私も最初は細かいなと思っていました。慣れですよね。

KW:チェックが厳しくて、入社してすぐは毎月指摘をいただいたりしていました(汗)最近は落ち着いてきましたが。大変だなあと思っていました。

tomy:お給料にもかかわる部分ですし、ちゃんとやらなきゃなとは思いますね。

KW:今月は間違いなく提出したぞと思ったのに、間違いの指摘があると悔しい・・・と思いますね(笑)

NO:シエルプレザン以外の会社の勤務表を知らないんですが、特別細かいんでしょうか。

KW:改めて考えると細かいと思います。チェックリストもありますしね。

tomy:なるほど。答えにくい質問なのにありがとうございました。

NO:ちなみに、KWさんからみて社長はどんな印象がありますか?

KW:よく他社でも、求人票に「未経験でも現場でも学んでいける」と記載されていたりしますが、面接の際に社長からは「私たちはプロとして現場に行くから、技術を提供する側としてプロ意識をもって現場に入るべきだ」と話がありました。プレッシャーを感じるのと同時に、芯のある方だなと思いました。入社後に仕事をさせていただいていると、面白い話で和ませていただいたり、料理をする姿をよく拝見したり、スイッチの切り替えが上手で、メリハリのある方だという印象があります。

tomy:そうですね。私も事務所にいるとそう感じます。ではIT業界の話に戻りますが働き始めてどんな部分に苦労しましたか?

KW:そうですね、パソコンを使って仕事がしたいと思ったものの、Active Directoryやネットワークなどの基礎知識がなかったため、当初はLinuxの勉強もして、基礎の部分も勉強して、2倍勉強が必要で苦労しました。また、現場に出た際は、エクセルなどのテクニックが不足していて大変でたね。

tomy:なるほど。勉強していく中で特に苦労した部分はありますか?

KW:普段使用しているパソコンはGUI環境が多く感覚で操作できると思うんですが、はやりLinuxを勉強している際はCUI環境の感覚に慣れずに苦労しましたね。知らない単語もたくさん出てきますし。

tomy:そうですよね・・・普段から勉強が必要な業界ですが、どのように勉強していますか。

KW:はい。自分で調べることや、復習をすることを大切にしています。インターネット上にマニュアルがあるものは読み込んだりしています。あとは、実機を触ることが一番の勉強方法だと思っています。WSUSも、実機を操作しながら慣れていきました。Linuxを勉強している時も、自宅のパソコンにCentOSを入れて実際に操作していました。

tomy:工夫して勉強されているんですね。では、ITの仕事を行っていく中でどのような点にやりがいを感じていますか?

KW:ミドルウエアや実機を操作して業務を行う中で、自分の知らない設定方法などを知ったときですね。技術面の知らないことを知ることができたときにやりがいを感じます。

tomy:次は働き方についてお伺いします。コロナ禍において働き方は変わりましたか?

KW:今は構築案件なので、ほとんど現場に出勤して作業しています。ですが、体調不良の際は無理せずにテレワークすることも可能なので柔軟に対応しています。テレワークは通勤時間がカットできるのは良いですが、有識者に気軽に質問できなくなってしまう点がデメリットに感じますね。

tomy:では、これからチャレンジしたい業務内容はありますか?

KW:今の案件に必死なので、とりあえず食らいついている状態ですが・・・そうですね、今は教えていただいて学ぶ立場ですが、教える立場になれたらいいなと思っています。いろいろなミドルウェアの構築をしてみたいですね。現在は物理サーバの構築経験が多いので、AWSなどクラウド環境にも触れていきたいです。

tomy:教える立場ですか・・・そういえばKWさんて、若チャレ講師は未経験ですよね。

KW:そうですね。ただ、社長からは今後講師も任せるよという話は前にいただいています!

tomy:今後教える立場にチャレンジする機会もありそうですね。では、現在このインタビューを読んでくださっている、求職活動中の方に向けてメッセージをお願いします

KW:そうですね。いい感じのことを言おうとすると偉そうに聞こえてしまうかもしれませんが(笑)、転職活動している中で「あ、この会社はなんとなく安定していそうだな」という気持ちで入社するのではなく、明確に「これをやりたい」「こういうものをつくってみたい」という気持ちをもって入社するのが大切だと思います。頑張ってください!

tomy:ありがとうございます!

tomy:それでは、ここからはおまけで。KWさんのパーソナルな部分も聞いてみたいと思います。趣味や好きなことを教えてください。

KW:野球やロードバイクなどアウトドアなことが好きです!

tomy:野球は観戦ですか?実際にプレイする側ですか?

KW:プレイする側です。小さいころからキャッチボールをしていたので、そのまま好きになった感じです。部活は剣道部だったんですが、野球は草野球をしたりして今も続けています。

tomy:ロードバイクは遠出したりしているんですか?

KW:そうですね。遠くまで行って、ご飯食べたり銭湯に入ったりしています。50㎞~100㎞ぐらい走っています。知らない場所に行くのが好きなので。こんなところにラーメン屋さんあるんだ~とか。

tomy:では、オフの日はどんな風にリフレッシュしていますか?

KW:基本外に出て運動しています。散歩も好きなので、通ったことのない道に行ってみたりしています。気分転換したいときは歩きますね!

tomyKWさんは事務所で作業されていた期間もありましたが、その間に食べた会社ごはん(※)で印象に残っているものはありますか?(※弊社には事務所にキッチンがあります。たまに社長の手料理をごちそうになっております。)

KW:あ~!色々いただきましたね。牛丼とか、そうめんとか、いい感じのパスタとか。

tomy:そうめん一緒に食べましたよね!いろいろな薬味を社長が用意してくださって。

KWさんとtomyが食したそうめんです。色とりどりの薬味!

KW:なんか、推し活の話をした気がします。

tomy:しましたね~!

KW:いい感じのパスタは自分でもつくってみたいなと思います。いい感じの野菜を使って・・・。レシピを教えてほしいです!ご飯は時間をかけたくない派なので、ささっと料理ができちゃう社長に憧れますね。

NO:会社でごはんをつくって食べるってあまりないと思うんですが、どうですか。

KW:堅苦しくないところが好きです。いい感じだと思います!(笑)

tomy:みんなでご飯を食べるとおいしいですよね!インタビューはこれにて終了となります。ありがとうございました。

KW:ありがとうございました!

編集後記
読んでくださってありがとうございました。年齢が近い3人ということもあり、和やかなムードで進んだインタビューでした。
最初は緊張気味だったKWさんですが、楽しく会話できました。
社員同士の穏やかな関係性も伝わっていると嬉しいです。
それでは、次回もお楽しみに。
tomy&NOでした!

The following two tabs change content below.
ON

ON

入社して2年が経ち、続々と後輩ができました。賑やかになって嬉しいです。最近は在宅勤務の弊害により足腰というか全身が弱ってます。同期は筋トレに励んでいるみたいで尊敬です。あー、眠っているだけで筋肉つかないかなあ・・・。